ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方は、湿布などの応急処置をして安静期間を過ぎたらストレッチなどをすることで、早く治すことが可能です。寝方を間違えるだけでも即効で症状が悪化するから治療期間は特に気をつけましょう。
ぎっくり腰の治し方
軽いぎっくり腰だからと甘く考えず、何日で治るか分からなくても会社休む良いきっかけになったとポジティブに考えて、ぎっくり腰になったら無理をせずカラダを休めましょう。

ある程度、ぎっくり腰の症状が落ち着いたら、ためしてガッテンで紹介されているようなストレッチやヨガなどを行って、腰回りを中心に筋肉をほぐしてくことが大切です。動画もあるので自宅で簡単にできる治し方をお教えしますね!
[char no=”1″ char=”ダイエット先生”]ぎっくり腰は、なってみないと痛さが分かりません。たかが、ぎっくり腰となめないで下さいね![/char]

ぎっくり腰の治し方で即効

ぎっくり腰の治し方で即効性があって、症状が和らぐと言われているものにツボ押しがあります。手の甲にある腰腿点というツボを押すのですが、簡単にツボを刺激できるのが、指組みです。
ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰を治すツボ:指組み

ぎっくり腰を治すツボである手の反射区の腰腿点を簡単に刺激できるのが、指組みです。腰腿点は、手の甲の人差し指と中指の間、中指と薬指の間の二カ所にあります。
ぎっくり腰の治し方

指組みのやり方
  • 椅子に腰かけて、両手を組んで指を軽く曲げる
  • 人差し指と中指、または中指と薬指を腰腿点に当てる
  • 手を組んで指で押さえて10秒キープ
  • 甲側を上に向け、ひじを伸ばしながら、ゆっくり前屈する

ぎっくり腰を早く治す

ぎっくり腰を早く治すためには、昔から言われているような安静にずっとしているというのは間違いです。ぎっくり腰になったら痛みが和らぐまでは安静にしますが、その後、動けるようになったら腰回りのストレッチを行いましょう。
ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方で自宅

ぎっくり腰の治し方で自宅で行えるものとしては、先ほどの指組みだけでなく、ストレッチ体操やヨガなども自宅で簡単に行えるので、腰が痛いという人は日頃からやって覚えておくと良いでしょう。

ぎっくり腰治し方ストレッチ

ぎっくり腰治し方ストレッチには、いくつものやり方があります。ここでは、自重けん引と壁押しストレッチを紹介しましょう。
ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰治し方ストレッチ:自重けん引

  • テーブルやベッドに腰掛ける
  • タオルを丸めたものを腰の下と頭の下に置いて仰向けになる
  • 足を地面や台から外し、重力を感じて10分キープ

ぎっくり腰治し方ストレッチ:壁押しストレッチ

  • 足を前後に開く
  • 壁に両手を付く
  • 腰を反らして30秒キープ
  • 足を入れ替えて同様に行う

ぎっくり腰ためしてガッテン

ぎっくり腰が、ためしてガッテンの徹底撃退術として放送された際に、腰への負担を寝ている時の値を1とした時、下記のように負荷が異なることが説明され、この負荷が高いほど、ぎっくり腰の危険が高まります。
ぎっくり腰の治し方

状態 負荷
寝る 1.0
立つ 1.3
あぐら 2.2
くしゃみ 2.4
前屈 4.0

上記の腰への負担が高い動きをすると椎間板への負荷が高まりますが、このような動きを全くしないと筋力が衰えて、ぎっくり腰の危険性が高まりますので、下記のような気をつける動作をすると良いでしょう。
ぎっくり腰の治し方

  • 椅子からの立ち上がり方:支えに手を付いて、掛け声をかけてゆっくり立つ
  • うつ伏せに寝る時:顔を左に向けて、左足のヒザを曲げるか、左右を入れ替える
  • 荷物の運び方:股関節を動かすように意識して持ち上げる

ぎっくり腰の治し方でヨガ

ぎっくり腰の治し方でヨガが使えるのではなく、予防にヨガが使えるという話はあります。ぎっくり腰は、正式には急性腰痛と呼び、突然の激しい痛みで動けなくなるので、魔女の一撃とも呼ばれます。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の原因には、腰の筋肉や関節に急激な負荷が掛かかるか、持続的に筋肉に負担が掛かる場合です。ですので、ヨガによって柔軟性を高めたり、緊張を取り除いたり、筋力を維持したりすることで予防が行えます。

柔軟性を高めるヨガ

柔軟性を高めるヨガとしては、三日月のポーズがあります。やり方は下記の通りです。

  • 足の裏全体に体重をかけるようにして立ち、両手を腰に添える
  • 左足を大きく一歩後ろに引く
  • 右膝を曲げて、右足を挟むようにして両手を床に置く
  • 体を起こし、両手は腰に添えて息を吐く
  • 息を吸いながら、両手を天井へ伸ばす
  • 上記を左右入れ替えて行う
緊張を取り除くヨガ

緊張を取り除くヨガとしては、ガス抜きのポーズがあります。やり方は下記の通りです。

  • 仰向けになり、手を体の横に置いて、両膝を立てる
  • 息を吸いながら膝を胸に近づけ、両手で抱える
  • 息を吐きながら、太ももをお腹に押し付ける
  • 息を吐きながら、手足を開放し、仰向けに戻る
筋力を維持するヨガ

筋力を維持するヨガとしては、バッタのポーズがあります。やり方は下記の通りです。

  • うつ伏せになり、両腕を体側に沿わせ、手のひらを上向きにする
  • 息を吸いながら、頭、胸、両腕、両脚を床から離して持ち上げる
  • 1分間ゆっくりと呼吸する
  • 息を吐きながら、ゆっくりと元の姿勢に戻す

軽いぎっくり腰の治し方

軽いぎっくり腰の治し方は、これまで紹介して来たようなツボ押しやストレッチをやることで改善できます。病院にわざわざ通わなくても、まずはストレッチなどをやってみましょう。
ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰とは急性の腰痛のことを指します。ぎっくり腰とは様々な要因から結果的に腰部に強い痛みが出ることですが必ずしも腰だけの原因ではありません。私生活、職業柄での不良姿勢や運動不足、はたまた不健康な食生活など様々な要素でぎっくり腰になります。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の予兆ですがよくある予兆で経験した方も多いかと思いますが腰の抜ける感覚です。物を拾う時座位から立ち上がる時、色々な体勢からの動き始めによく感じる時があります。

もう一つは筋肉の張り感です。普段感じない張り感を部分的に感じた時は要注意です。首や背中、また太ももやふくらはぎなどに張り感を感じる時はぎっくり腰になる可能性が非常に高いです。

対処法、まず一つ目は普段の姿勢の注意。椅子にだらっと座るなど骨盤が後傾、後ろに傾いている姿勢は非常に腰に良くありません。車の運転中もこの姿勢になりがちです。

クッションを入れたり骨盤が後ろに倒れないように気をつけましょう。もう一つはケア不足です。疲労を溜めたまま睡眠をし起きたら痛みで起きれないとういうことも少なくありません。

一般的にはストレッチやウォーキングなどの簡単な有酸素運動をし筋肉の緊張を解いてあげるのが良いですがなかなか続けることは難しいです。

簡単なものを紹介いたしますと少し厚めの湯船に浸かるということです。水圧でマッサージ効果を得るのと熱めの湯で疲労を取ることができます。

ぎっくり腰の寝方

ぎっくり腰になった時にラクな寝方を説明します。

ぎっくり腰の寝方で横向き

ぎっくり腰の寝方で横向きになることによって、腰の筋肉の刺激を最小限に抑える寝方なので、ラクに寝られます。痛い方を上にして、横向きで寝ます。
ぎっくり腰の治し方
患部が圧迫されると修復機能が遅れるのと同時に炎症がひどくなるので、両腕でタオルやクッションを抱きかかえて、タオルやクッションで横向きになったときの上の足を置けるようにするとさらにラクになります。

ぎっくり腰の寝方で仰向け

ぎっくり腰の寝方で仰向けで寝る場合には、膝が曲がるようにクッションやタオルを膝の下に入れます。膝を伸ばして寝ると腰の筋肉を伸ばし過ぎでもなく、縮み過ぎでもない丁度良い位置になるのでラクに寝られます。

背中と腰の突っ張りをなくすために枕の位置を耳の下辺りにします。高さは首のが体と平行になる高さで調整します。

ぎっくり腰になったら

重い物を持ちあげたり、くしゃみをした時などに突然くる腰の痛み。ぎっくり腰は突然ゴキュっときて、ああやっちゃったと動けなくなる場合が多いです。何をするにも痛いし、ひどいと座っても寝ても辛い時間が続きます。完治するには時間もかかるので、それまでの時期は体勢にも気を付けなければなりません。特に長い時間横になる、寝方には注意が必要です。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰になった時は、腰を丸めた状態で寝るのが負担がかかりません。腰を反ると痛みが増すので、エビのようなポーズが良いです。真っすぐに寝たり、うつ伏せや腰をひねった状態は負担が大きいので避けましょう。

横向きの場合は、抱き枕を使うととても楽になります。片足は抱き枕にあげて、ゆっくりと身体を任せるような感じで使ってください。仰向けが良い人は、膝から下の位置に座布団や枕を重ねて足を少し上げた状態もおすすめです。

人それぞれ寝方には癖があるものです。しかしぎっくり腰になった時は、いつもと違った体勢で負担をかけないポーズを探すことが大事です。負担のかかる寝方だと、さらに悪化してしまう可能性もあるのです。寝返りを打つ時もゆっくりと動き、無理のない睡眠をたっぷり摂ってください。

ぎっくり腰の応急処置

ぎっくり腰は骨のゆがみや腰の筋肉に負荷をかけすぎることなどで起ります。急性な腰痛が日常生活に支障がきたすのはだいたい2〜3日ですが、正しい応急処置によって完治も早くなります。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰は腰のねんざや打撲のようなものです。急な痛みがきた時の応急処置としては、まず安静にして患部を冷やすことが重要です。うつぶせの状態で冷やします。体制的にうつぶせが難しい場合は横向きになって身体を丸めるようにして、保冷剤などを患部にあてます。

腰は関節が大きいのでまず数十分は患部を冷やします。その後一時間ほどおいてまた数十分冷やすといったインターバルをとると効果的です。痛みが和らいで効果を感じたらさらに冷やして処置します。しばらくは腰の周辺が炎症がおこると考えられるので、数日間は冷やしていることが大切です。

炎症は冷やすと収まるので、入浴は身体を温めることになり、初期症状がでている時には湯船につかることは避けます。しばらくはシャワー程度にして患部を温めないようにします。また揉みほぐすなとのマッサージや、ストレッチなど無理な姿勢をとるものは応急処置としては不適切です。炎症が悪化し、痛みが悪化し、しびれがでる可能性もあります。

ぎっくり腰の湿布

ぎっくり腰は腰回りの筋肉が炎症をおこすことが原因です。患部が熱を持っていることがあるので、まずは炎症を抑えて痛みを取るために冷やすことが重要です。
ぎっくり腰の治し方
ぎっくり腰の初期の炎症には湿布が有効な処置です。貼り方は、ゆっくり腰を曲げて一番痛みを感じる場所を中心にして貼るようにします。痛みの中心だけでなく、その周辺も炎症が起っているので、湿布は広く貼ります。数日間様子を見て痛みが治まってきたら、痛みの中心ではなくそこよりすこし上に貼ります。

背骨の神経が圧迫されている場合があるので、この場所に貼ることで、痛みを和らげることができます。ぎっくり腰で痛みが強い場合には鎮静作用が強いものを使うのもポイントです。

とくにインドメタシンといった成分が配合されているものが高い鎮静効果があると考えられるので、成分をチェックすることが大切です。しかし、体質によって合うものと合わないものがあるので、湿布を選ぶ際には薬剤師と相談することも方法として考えられます。

また、肌の敏感な人が湿布を貼り続けると、かぶれが生じてしまうこともあります。このような場合には、少し間隔をあけて貼るなど、肌が長時間湿布と触れないように工夫します。

ぎっくり腰の症状

突然前触れもなく腰に激痛が走るのがぎっくり腰ですが、その原因は急激な筋肉や関節の動きによって神経に強い衝撃が加わり炎症を起こすことです。慢性ではなく急性であるため痛み自体は目安として1週間安静にすれば完治しますが、ただ学業や仕事の関係上において1週間安静するのは難しいといえます。そこで早めに完治できるように処置をしますが、その際に悩むのが患部を冷やすか温めるかの2択でどちらを選択するかです。
ぎっくり腰の治し方
冷やすか温めるかの2択においてはどちらも正解といえますが、ただ症状をどのようにしたいのかで変わります。冷やすやり方は患部の神経を鎮めることで痛みを緩和させる方法です。先に言ったとおりに1週間安静にできない環境下にあった際に、痛みのある部分を氷嚢で冷やすことで痛みを緩和させ動きやすくします。

ただ冷やすのは痛みをごまかすだけの方法なので、患部の治りは1週間以上とあまり変わらないのが欠点です。温める方法の場合は緩和するのではなくできるだけ早く治すことを念頭に置いた方法で、痛み自体は緩和できないですが温湿布やカイロなどを患部に貼り付けることで血行を促進します。

ぎっくり腰は痛み物質が血管から神経に作用することで起きるので、血行促進することで痛み物質をできるだけ早く外に逃がしさらに血液の再生力を促すことで傷をいやせるのです。そのため冷やすか温めるかの2択は、現在の状況で使い分けることが重要といえます。

ぎっくり腰の原因

突然にやってくるぎっくり腰ですが、その理由を考えるとき、意外と多いのが「寒さ」に原因を求めることです。誰でも経験があると思いますが、寒いとき人間は身体をこわばらせます。その状態から動かすことが腰に悪影響を与えるように考えるからです。しかし、実際はぎっくり腰の原因はさまざまです。
ぎっくり腰の治し方
一般的に指摘されているのは「筋肉の疲労」「骨格へのストレス」「腰に急に負担をかける」などが言われています。本来筋肉は疲れても自然に回復するようにできています。しかし、睡眠不足や偏った食事などが続きますと回復されずに蓄積されることがあります。そのような状態のときにぎっくり腰は起こりやすくなります。

また、同じ姿勢を続けていてもぎっくり腰になりますが、これは同じ姿勢を続けることで骨格や筋肉に負担がかかる箇所が続くからです。このように負担が蓄積している状態のときに突然動いたりしますと腰に大きな負荷がかかることになり、それがぎっくり腰につながります。

ぎっくり腰は自分でも予想をしていないときになることがあります。その原因は、これまで説明してきました疲労やストレスが蓄積しているからです。

その状態のときに重い荷物を持ったり急な動作をしますとぎっくり腰になります。ですから、普段から腰に負担をかけないように動くことを心掛けることが大切です。

ぎっくり腰の期間

ぎっくり腰はその人によっても症状の重さが違いますが、重いぎっくり腰の場合は少し体を動かそうとするだけでも激痛が走る場合も珍しくありません。基本的には痛みが消えるまでは出来るだけ安静にしておく事が重要で、患部の炎症を抑える為に湿布w利用したり、腰に負担を掛けない為にコルセットなども併用します。
ぎっくり腰の治し方
最も強い痛みを感じるのは大体3日目までで、重いぎっくり腰の場合は殆ど動く事すらできない人もいる程です。徐々に痛みが緩和してくるのは4日目位からで、1週間位経過すると、負担のかかる動きをする時以外はコルセットが要らなくなる事もあります。その後はリハビリを行う様にします。痛み自体は3日から1週間程度で徐々に良くなって行きますが、2週間以上痛みが続きさらに痛みが軽減しない場合は筋肉以外が原因の可能性も出て来ます。

重いぎっくり腰の場合、大体今までの状態に戻るまでの期間は2週間程度は要する事が少なくありません。ただ本来は絶対安静にしておかなければならない初期の時に無理に動いてしまうと、炎症がなかなか引かない為、結果的に痛みも引かない状況に陥りかねません。従って、ぎっくり腰になった時にどの様な対処を行ったかによっても、良くなってくるまでの期間は大きく違ってきます。

ぎっくり腰の安静期間

ぎっくり腰になるとお風呂へ入って良いのか迷う方は多いですが、急に腰に痛みが出た場合は基本的にはお風呂で体を温めることは避けたほうが良いです。ぎっくり腰の痛みは様々ですが腰に激痛を感じた瞬間から体を動かせなくなるケースばかりではなく、時間の経過とともに痛みが強まるケースや寝るときは軽い痛みたったのが翌朝起き上がろうとした時に痛みが強くなり身動きができないといったことがあり、痛みの進行にも個人差があります。
ぎっくり腰の治し方
腰が痛くても入浴をしたい時は汗を流す程度でシャワーを軽く浴びるなどで素早く済ませることが大事です。できれば濡れたタオルで拭く程度にしておくのが無難です。ぎっくり腰は痛めた日と二日目は安静にすることが大切です。痛めたことにより傷ついた腰の椎間板や筋肉の炎症を和らげるためです。

ぎっくり腰の安静は期間は基本的に二日目までなので三日目からは少しずつ体を動かします。人によっては三日目以降は通常通りに動けるようになります。立ち上がることが難しい場合は椅子に座った状態でできる運動から始めるようにします。ぎっくり腰は一ヶ月以内に治るとことが多いですが、再発しやすいと言われています。少しでも再発のリスクをなくすために日々の体のケアが大切です。

ぎっくり腰の治療期間

ある日突然発症し、そのあまりの痛みから日常生活に支障をきたしてしまう「ぎっくり腰」。正式名称は「急性腰痛症」で、突如予想もしなかった激痛が襲ってくることから欧米では「魔女がやってきた」との比喩から、魔女の一撃とも呼ばれることもあるそうです。
ぎっくり腰の治し方
そう例えられる程の激しい腰痛の原因は人それぞれですが(骨の歪みや腰の筋力低下、過度なスポーツでの負荷など)とにかく腰に過剰なストレス、負担がかかっている時に発症すると言われています。そしてその治療期間も人それぞれです。

大抵は1か月未満で自然に治ることがほとんどですが、早ければ1週間ほど、長引くと3か月かかる場合もあり、早い段階での処置の差が治癒までの期間の違いをつくるとも言われています。

その理由として「ぎっくり腰」の激痛の正体である炎症物質は腰痛発症直後から48時間ほどのあいだ出続けるとされておりその期間中にどれだけ炎症物質の拡大を防げるか、抑えられるかが重要となるからです。

それほどは痛くないからと甘く見て対処が遅れれば、結果として重症化し、治療期間が長くなってしまう恐れがあるわけです。とにかくは初日に専門機関を訪ねて適切な処置を受けることが肝要です。

もしどうしても出向けない時には患部を冷やして炎症物質を抑えることを徹底してください。痛みのピークは2〜3日目と言われているのでその期間を無事乗り越え、早めの治癒を目指しましょう。

ぎっくり腰は何日で治る

ぎっくり腰は何日で治るのかを100名に対して調査を行ったところ下記のような結果になしました。ぎっくり腰の重さや筋力などの老化具合、ぎっくり腰の治し方をどのように行ったかなどによって期間は異なりますが、1週間以内が最も多い結果となりました。

  • 1週間以内:41人
  • 半月以内:23人
  • 3日以内:20人
  • 1ヶ月以上:10人
  • 1ヶ月以内:6人

ぎっくり腰で会社休む

ぎっくり腰で会社休む時というのは、ズル休みにも使われます。必ず休める数少ない理由であり、当日の急な欠勤、連休などが行えるが、腰痛の演技が極めて面倒であり、病院の診断書問題が残ります。

ぎっくり腰(急性腰痛症、腰椎捻挫)が本当であるか嘘であるかだけでなく、傷病による4日以上連続の欠勤は社会保険による傷病手当金の支給対象になります。3日以内に出勤すること、有給を使って休むことによって回避できる可能性が高いでしょう。

ぎっくり腰接骨院で予防できる?

ぎっくり腰接骨院で予防できるのでしょうか?接骨院や整骨院で、ぎっくり腰の予防としてストレッチが推奨されています。

ぎっくり腰予防:大腰筋ストレッチ
  • 片方の足を前に出し、膝を90度、股関節を90度にする
  • 反対の足は膝を90度、股関節は0度の状態でつま先は立てる
  • お腹から股関節を通り、太ももの内側あたりが伸びるのを感じる
  • 10秒深呼吸する
  • 左右入れ替えて同様にストレッチする
ぎっくり腰予防:回旋ストレッチ
  • 仰向けになり顔を左向きに、両手は肩関節90度にして広げる
  • 左足を反対側に右側の方に足を持っていく
  • 左のお尻の筋肉が伸びているのを感じる
  • 10秒深呼吸する
  • 左右入れ替えて同様にストレッチする
ぎっくり腰予防:抱え込み運動ストレッチ
  • 仰向けになり両手で両膝を抱え込む
  • 腰が伸びているのを感じる
  • 10秒深呼吸する
ぎっくり腰予防:大臀筋ストレッチ
  • 椅子に座り、足首を膝の上にのせる
  • 体を前に倒す
  • お尻が伸びるのを感じる
  • 10秒深呼吸する
  • 左右入れ替えて同様にストレッチする

豊川悦司!ぎっくり腰

豊川悦司が、「パンク侍、斬られて候」の撮影期間中(2日目)にぎっくり腰になり、一緒のシーンがあった綾野剛に60分くらいマッサージしてもらったそうです。

ですが、多くのぎっくり腰の原因は、筋肉が問題で起きるので腰の筋肉をマッサージをして、腰の筋肉をゆるめると悪化して動けなくなることが多いため、腰痛検査をして専門家が見分けないと危険なので安易にマッサージしない方が賢明です。

ぎっくり腰の治し方!ストレッチで早く治す期間何日ためしてガッテンのまとめ

ぎっくり腰になったら豊川悦司を綾野剛がマッサージで応急処置した。ぎっくり腰の治し方は原因と症状を確認し安静期間の後に早く治すため、ためしてガッテンの治し方ストレッチ体操を行って何日で治るのか!ぎっくり腰とはいえ会社休むこともできないから接骨院で予防できる?

ぎっくり腰の治し方:動画

ぎっくり腰の治し方は、動画で見ると分かりやすいので、下記の動画を参照して下さい。

ぎっくり腰の治し方

腰痛の治し方でストレッチを行うものは、先ほどの寝ながら行うものだけでなく、ヤンキー座りストレッチ、ジャックナイフストレッチ、壁ドンストレッチなどがあります。これらの詳しいやり方については、下記の特集記事を参照して下さい。


ぎっくり腰の治し方
▶腰痛の治し方でストレッチ

当サイトの記事について

当サイトの記事は、腰痛を中心とした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。
ぎっくり腰の治し方
また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。