敏感肌に優しい化粧水で肌をケアしよう~潤いのある肌へ~

女の人

刺激を受けやすい肌には

スキンケア

肌バリア機能の低下が原因

髪や服がこすれたり、アルコール等の刺激物に少し触れただけで赤くなったりかゆみが起こったりする肌のことを、一般に敏感肌と呼んでいます。敏感肌には正式な定義はなく、普通肌より荒れやすい肌を便宜上敏感肌と呼んでいます。しかし、これにはたとえばアトピーのように病気による肌の反応も含まれることがありますが、状態によって肌へのアプローチの仕方に大きな違いがあるため、ここでは一般的な荒れ気味の肌を対象とします。敏感肌は、肌が本来あるはずの肌バリアが低下しているという特徴を持ちます。肌バリアはホコリや風といった外からの刺激から肌を守る機能のことで、これが低下しているために肌はちょっとした刺激にも耐えられず荒れてしまうのです。そこで、普段のスキンケアを正しくすることにより肌バリアを改善していけば、敏感肌も自ずと改善していくことが可能と考えられています。

スキンケアの選び方

敏感肌のスキンケアに大切なものは、まずは潤いです。肌バリア機能機能が低下した肌は乾燥状態にあるため、まずは潤いを与えることが機能の回復に欠かせないと考えられているのです。スキンケアで最も大切なのが、洗顔後最初に肌につける化粧水です。そこで、敏感肌の化粧水選びが重要となります。敏感肌の化粧水を選ぶ上のポイントはいくつかありますが、その一番は配合されている成分を注目することです。刺激に弱い肌ということで、刺激となるアルコールや美白成分であるビタミンCはなるべく避けることが推奨されています。逆に必要とされているのが、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸などの成分です。中でもセラミドは元々肌に含まれる保湿成分であるため、肌バリアの機能回復を図るにあたって大きく貢献すると期待されているのです。こうした敏感肌に合った化粧水等の基礎化粧品は、各メーカーからトライアルセットが販売されており、これをまず試してみると良いとされています。

きれいな肌になろう

基礎化粧品

無添加化粧水は旧表示指定成分の石油成分が含まれておらず、比較的刺激の低い石油成分のみを使用しているため、天然成分100%ではない商品を求めている人も使うことができる商品です。無添加化粧水は国の決まりがないため、メーカーにより配合成分もその量も異なることを把握しておくべきです。

この記事を読む

肌ケアに関する記事

スキンケア

毛穴が開いて皮脂が多く出てしまう場合、化粧水で肌ケアをすると良いです。「ビタミンC誘導体」という成分が配合されたものは皮脂の過剰な分泌を抑える働きがある為、人気があります。化粧水を使用する際は肌に優しく染み込ませるという工夫をすることで、効果が高くなります。

この記事を読む

ビタミンcで美白ケア

化粧水

ビタミンcは、肌につけても浸透する前に酸化することがあります。しかしビタミンc誘導体が配合された化粧水なら、肌の内部で酵素によってビタミンcとなるので、しっかりと浸透します。ビタミンcが先に酸化することで、酸化をもたらす物質から肌が守られるので、ビタミンc誘導体の化粧水の注目度は高まっています。

この記事を読む

Copyright© 2016 敏感肌に優しい化粧水で肌をケアしよう~潤いのある肌へ~ All Rights Reserved.